ふるさと納税

【ふるさと納税】ふるなびのメリット・デメリットをレビュー│Tポイント納税・Amazonギフト券支給

ふるなびのメリット・デメリットをレビュー│最大のメリットはTポイント払いができること!
ふるさと納税をしてみたいんだけど、サイトがたくさんあるから迷っちゃう…。
どのサイトを利用するのがいいんだろう?
「ふるなび」がおすすめだよ!

 

こんにちは、ふるさと納税愛用家のりょうへい(@ryohei_thailand)です!

 

ふるさと納税は国が用意してくれた節税制度なので、利用した方がいいことは間違いありません!!

 

しかし、最近は様々なポータルサイトが乱立している状態なので、「どのサイトを利用すればいいのかよくわからない…。」という方もいるかと思います。

そこで今回は、ふるさと納税におすすめなポータルサイトとして「ふるなび」をご紹介していきたいと思います!

 

✔本記事の内容

  • 結論:ふるさと納税をするなら「ふるなび」がおすすめ!
  • 寄付ごとにAmazonギフト券が還元される
  • Tポイントを利用して納税することで、自己負担額を0円にできる
  • 登録自治体数は少ないが、それでも2万点以上の返礼品がある。

\ふるさと納税おすすめサイト/

ふるさと納税とは?

そもそもふるさと納税ってどんな制度

「ふるなび」のメリット説明をする前に、まずはふるさと納税の制度について簡単に説明をしたいと思います。

 

✔ふるさと納税の仕組み

  1. 自分の好きな自治体に寄付をする
  2. 寄付をした自治体からお礼として返礼品をいただく
  3. ふるさと納税をした分、翌年の税金の支払いが免除される(2,000円は自己負担)

 

今まではただ支払っていただけの税金ですが、ふるさと納税を利用することで支払った税金に対してお礼として「返礼品」が貰えるという非常にお得な制度となっています。

 

ふるさと納税は

  • 寄付をしても損をすることはない
  • 利用した人しか恩恵を受けられない

という制度なので、まだやったことがないあなたもぜひ利用することをおすすめします。

逆にふるさと納税をやらないと「損」ですよ…。

 

「ふるさと納税についてもっと詳しく知りたい」というあなたのために、以下の記事でより詳しく解説していますのでぜひご覧ください!

ふるさと納税とは? 初心者向けに仕組みと始め方を分かりやすく解説します
【ふるさと納税とは?】仕組みと始め方を分かりやすく解説│初心者向けこんにちは、兼業投資家のりょうへい(@ryohei_thailand)です。 今回はこういった疑問にお答えします! ...

「ふるなび」とは?

そもそもふるなびってどんな企業

ここからは「ふるなび」について説明していきます。

運営会社 ㈱アイモバイル
(登場一部上場)
登録自治体数 約250
ポイント還元 Amazonギフト券

 

「ふるなび」は株式会社アイモバイルが2007年から運営するふるさと納税ポータルサイトです。

 

2018年12月にふるさと納税の詐欺サイトがテレビのニュースで取り上げられたことにより、ふるさと納税に対して恐怖心をお持ちの方もいるかもしれんせん。

しかし、「ふるなび」の運営会社であるアイモバイルは東証一部に上場しているような立派な企業なので、安心して利用できますよ!

もちろん僕も利用してます!!

※㈱アイモバイルの公式ホームページ:https://www.i-mobile.co.jp/

「ふるなび」のメリット│Amazonギフト券還元・Tポイント納税

ふるなびの2つのメリット

「ふるなび」を利用することで得られるメリットは2つあります。

それは

  1. 寄付ごとにAmazonギフト券が還元される
  2. Tポイントを利用して納税ができる

の2点です。

 

それぞれの項目について詳しく見ていきます!

寄付ごとに「Amazonギフト券」が還元される

ふるなびのメリット│納税額に応じてAmazonギフト券が貰える

「ふるなび」を利用してふるさと納税をすることで、納税ごとに最大4%のAmazonギフト券が還元されます。

ふるなびは納税額1%相当のAmazonギフト券が貰える

 

Amazonギフト券がプレゼントされるには、下記条件を満たしている必要があります。

  1. ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

ですが、上記は普通に利用すれば問題なく達成可能な条件ですので、特に心配をする必要はありません!

納税ごとにAmazonギフト券が貰えるなんて素敵すぎる!
Amazonギフト券なら消費に困らなくていいよね!

「Tポイント」を利用して納税できる

ふるなびのメリット│Tポイントで納税できる

「ふるなび」を利用してふるさと納税をする場合、「Yahoo!公金支払い」により納税額を支払うことになります。

そして「Yahoo!公金支払い」はTポイントを利用して支払いをすることができます。

ふるなびはTポイントで支払いができる

つまり、「ふるなび」は「Tポイントを利用して納税ができるということなんです!

 

ふるさと納税は制度上、自己負担額として「2,000円」の出費がどうしても発生してしまいます。

しかし、自己負担金額である2,000円分をTポイントで納税することで、自己負担額が実質0円でふるさと納税ができるんです!

自己負担なく返礼品だけが貰えるなんて、素敵すぎる…!!

ふるなびのメリットまとめ

「ふるなび」を利用してふるさと納税をすることで、

  1. Tポイントを支払いに充てることで、自己負担額を減らしつつ
  2. Amazonギフト券による還元が受けられる

という、2つの「金銭的メリット」を享受することができます

これはもう「ふるなび」を利用しない理由がないですね!笑

\ふるさと納税をよりお得に!/

「ふるなび」のデメリット│自治体数が少ないと言われるが…

ふるなびのデメリットは登録自治体数が少ないこと

ふるなびのデメリットとして「登録自治体数が少ない」とよく言われます。

 

確かに「ふるなび」の自治体数は、その他の大手ポータルサイトと比較すると少ないのは事実です。

サイト名 登録自治体数
ふるさとチョイス 1,400
さとふる 500
ふるなび 250

 

しかし、それでも「ふるなび」は、

  • 肉・ハム類:4,265 点
  • お米:1,946 点
  • 酒類:2,426 点
  • 日用品:8,018 点

など、合計2万点以上もの商品から返礼品を選ぶことができます!(※2018年12月現在)

ふるなびのカテゴリー

個人的には、返礼品の数が多すぎて逆に迷っちゃうくらいです…。

 

このように「ふるなび」には十分すぎるほどの返礼品の種類がありますので、登録自治体数についてはデメリットとして捉える必要はないと言えるでしょう。

まとめ│「ふるなび」のメリット・デメリットをレビュー

ふるなびのメリット・デメリットをレビュー│最大のメリットはTポイント払いができること!

今回は、ふるさと納税におすすめなポータルサイトとして「ふるなび」について紹介してきました!

 

✔ふるなびの特徴

  • 寄付ごとにAmazonギフト券による還元が受けられる
  • 納税にTポイントを利用することで、自己負担金額を抑えることができる
  • 登録自治体数は少ないが、それでも2万点近くの豊富な返礼品がある。

 

「ふるなび」は、もともとお得なふるさと納税をさらにお得に利用できる非常におすすめのポータルサイトです!

あなたもぜひ「ふるなび」を利用して、よりお得なふるさと納税を体験しちゃいましょう!!

 

\ふるさと納税をよりお得にできる!/

 

 

「ふるなび」を使ってみたいけど、うまく申し込みができるか不安だな…

そんな不安をお持ちのあなたのために、「ふるなび」を利用してふるさと納税を行う手順を図入りで説明した記事を用意させていただきました!

記事の通りに進めていけば問題なく納税が可能ですので、不安な方はぜひ以下の記事をご覧になりながら、納税をしてみてください!

ふるなびの会員登録方法・納税方法の説明
【ふるなびの使い方】会員登録・納税方法を徹底解説!【画像付き】こんにちは、兼業投資家のりょうへい(@ryohei_thailand)です。 今回はこのような悩みをお持ちの方のた...